キャッシング審査がゆるい(甘い)と言うのは本当なのか?

2019年3月4日

キャッシング審査がゆるい(甘い)で検索する方とは?

 

何となくインターネットでキャッシング系のキーワード検索をしていたらキャッシング審査 ゆるいとかキャッシング審査 甘いというキーワードが上位に出ていました。

 

これは、キャッシング審査で検索すると一番上にキャッシング審査○○と表示される複合キーワードというのになりますが、今日はキャッシング審査通過 出来る共にグーグル検索の一番上に表示されていました。

 

この複合キーワードと言うのは、その時々におけるメインキーワード(この場合はキャッシング審査)にある単語をプラスして検索するのですが、これが上位に表示されているという事は、現在キャッシング審査の複合キーワードで多く検索されているキーワードという事になります。

 

その為、このキーワードで検索している方と言うのは、現在キャッシング審査に通過する自信が無い、審査が不安だという方が多いのだと思われます。

 

確かに、審査に通過する自信が無いとか、審査で困っている方は、とにかく審査に通りたいが為にこういったキーワードで検索しているのだと思いますが、本当にキャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関は有るのか?について説明します。

 

銀行・大手金融機関ではキャッシング審査がゆるい会社は有りません

 

まず結論から言いますが、基本的にキャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関は有りません

 

全ての金融機関を調査した訳では無いのですが、少なくても大手消費者金融ではしっかりと審査を行っていますので、審査がゆるい(甘い)という事はありません。

 

インターネット上では、審査が甘いキャッシング会社やこの消費者金融なら大丈夫などといった甘い言葉で消費者金融へ誘導しているサイトを良く見かけますが、そういった文言は信用しない方が良いです。

 

過去に債務整理があってもOKとか、他社借入が多数あっても大丈夫、現在他社で延滞中でもOK等、普通に考えればキャッシングの基本的な審査基準を満たしていないで有ろう条件でもOKなどという会社は違法金融業者の可能性が有りますので、やめた方がいいと思います。

 

ただあくまでもこの話しは銀行のカードローンや大手金融機関の話しで有り、過去に債務整理が有っても相談して下さいとか他社借入が一定数なら大丈夫な金融機関は有ります。(現在他社の遅延中でもOKな所は見つかりませんでしたが・・・)

 

この様にキャッシング審査が緩い(甘い)金融機関は全て中小の企業で有り、大手の消費者金融より上限金利も1~2%程度高い傾向が有ります。(勿論法律の範囲です)

 

もっとも、大手と条件を同じにしてしまうと、中小の金融機関と言うのは、お金を借りてくれる人がいなくなってしまうので、この様にキャッシング審査を緩く(甘く)しているのだと思われます。

 

私としても銀行のカードローンや大手消費者金融を進めるとなると、沢山のサイトで紹介されている為にこのサイトの意味が無くなってしまいます。

 

キャッシング審査がゆるい(甘い)で検索している方は、借りれるなら銀行か大手消費者金融で借りたいけど、どうしても必要なんだよーと言う方だと思いますので、闇金ではなく、しっかりと貸金登録されている中小の消費者金融で、キャッシング審査がゆるい(甘い)所を早急にピックアップしたいと思いますので、少々お待ち下さい。

 

金利の面から出来る事なら銀行のカードローンや大手消費者金融を使って頂きたいので、下記の情報は銀行のカードローンや大手消費者金融から借りる事を前提として、お話しさせて頂きます。

 

キャッシング審査がゆるいかどうかは結局あなた次第

 

キャッシングを利用する為には、当然の事ですが審査に通過する必要が有ります。

 

そして、この審査に通過する為には各金融機関が定めている審査基準を満たす雇用事が必要となるのですが、この審査基準というのは各金融機関によって微妙に異なっていますので、基本的に外部に漏れる事は有りません。

 

最近では元クレジットカード会社や消費者金融の審査部に以前在籍していたという方々の証言によって、ある程度の審査基準というのが解ってきています。

 

つまりは、私たちがキャッシングを利用する為には、この審査基準を満たせば良いのです。

 

ただ、キャッシング審査は、実際に審査に申し込んでみない事には本当に通過するかどうか分かりませんし、事前にその結果を100%知る事は不可能な事なので、審査に通るためには審査基準を満たす、またはそれに近づける事が必要となります。

 

また、キャッシングの審査では、各金融機関によって微妙に申込の条件も異なっていますので、まずはこの申込条件を満たしている事が最低の条件となりますので、まず申込条件を満たしてない場合で有れば申し込む事すら出来ません。

 

更に、個人信用情報機関の信用情報に重大な事故情報が有る場合や現在進行形の延滞情報が登録されていた場合には、ほぼすべてのキャッシング審査で落ちてしまう可能性が高くなります。

 

その為、信用情報に事故情報や現在進行形の延滞情報等が登録されている場合では、事故情報が消えるまで、又は延滞を解消するまで審査への申し込みは控えるべきです。

 

ここまでキャッシング審査 ゆるい(甘い)について説明しましたが、結局は審査の結果についてはあなたの属性や信用情報次第となってしまいますので、審査が不安な場合は自分の属性や信用情報を確認して、少しでも審査基準を満たすようにした方が良いと思います。

 

勤続年数が短いのであればもう少し待ってから申し込む、信用情報に事故情報が登録されているのであれば事故情報が削除されてから申し込む等、まずは審査基準を満たすことを考えてみて下さい。