クレジットカードの審査でのプロバイダ料金の延滞の影響

2019年4月10日

プロバイダ料金の延滞は果たして審査に影響するのか?

 

普段の生活で、私達がインターネット回線を利用する時は、NTTフレッツ・auひかり・ソフトバンク光等といったネット回線を利用、又はこれらの回線業者から利用許可を得ている会社が提供を行っているネット回線を利用する事になります。

 

インターネットに接続する為にはこれらの回線だけでは繋がる事が出来なくて、回線をインターネットの世界に接続する為のプロバイダと呼ばれているインターネット接続会社が必要になります。

 

その為に、ネットを利用するには、NTTフレッツ、auひかりなどと言った回線業者とプロバイダ業者の両方が必要になりますので、これらの業者へ毎月ネットの利用料金として支払う必要性が出ます。

 

しかし、これらの利用料金の支払いは毎月払う事になりますので、毎月の支払日に間に合わなかったり、または忘れていたなどの理由で支払を延滞してしまう場合が有る様です。もっとも、回線利用には料金が発生するから、その支払いは会員としては義務ですが、様々な事情により支払いを延滞してしまう人もいます。

 

そして、この延滞という言葉は、私たちクレジットカード利用者にとっては頭が痛くなりますし、延滞してしまうとクレジットカード審査に影響が有るのではないかと結びつけて考えてしまう傾向が有りますが、このプロバイダ料金の延滞というのは審査には影響が有るのか?について説明します。

 

プロバイダの料金回収

 

プロバイダの利用料金の回収事情は、基本的にはプロバイダが直接利用料金の回収を行っている訳では有りません。では、どこが利用料金の回収を行っているのか?になりますが、これはプロバイダが金融機関へ料金の回収業務を委託していますので、委託された金融機関が利用料金の回収を行っています。

 

例えば、so-netの利用料金の回収する業務というのはソニーファイナンスが収納代行を行っているというように、その殆どは自社系列の金融会社へ収納代行を依頼する形となっています。

 

ここからが重要になるのですが、収納代行会社はもし指定された日に顧客から利用料金を回収する事が出来なかった場合は、プロバイダへ料金の回収をする事が出来なかったという報告をします。

 

そうすると、回収できなかったとの報告を受けるとプロバイダとしては顧客の利用停止、最悪会員権のはく奪を行う事となってしまいます。収納代行会社としてはプロバイダへ料金の回収が出来なかった事を報告するだけでありその後の処理というのはプロバイダ自身が行う事になります。

 

個人信用情報機関にプロバイダは加盟していないです

 

プロバイダの利用料金の回収業務を行っている収納会社というのは個人信用情報機関に登録しておりますが、例えばOCNやso-net等のプロバイダ自身というのは個人信用情報機関に加盟しておりません。なので、プロバイダの利用料金の延滞が発生した場合でも、その延滞情報というのが信用情報に登録される事はまず有りません。

 

これは、信用情報というのは個人信用情報機関に加盟している金融会社のみしか情報の登録や削除という事を行う事が出来ないので、機関に加盟していないプロバイダ自身が信用情報へ延滞の事実を登録したり削除したりする事が出来ないので当然の事かと思われます。

 

但し、以前の大手携帯電話会社がそうであった様に、サービス開始当初は個人信用情報機関へ加盟していなかったのにその続々と個人信用情報機関へ加盟していますので、プロバイダ会社も今後加盟する可能性も有ります。

 

因みに、プロバイダの利用料金の支払いを延滞してしまって、会員資格の停止又は、はく奪となってしまった場合では、その後は同じプロバイダと契約する事は出来なくなってしまう可能性が高くなる事は明白です。

 

今のインターネット社会で、今まで快適、且つ便利に利用してきたプロバイダの利用が出来なくなってしまった場合は、ネット環境に変化が生じるので、毎月の利用料金は延滞なくきちんと支払う事が大事です。

 

これは何もプロバイダ料金に限る事では無くて、クレジットカードやキャッシングの利用代金の支払いでも言える事ですので、利用代金というのは毎月延滞する事無くきちんと支払う様にして下さい。

 

急な出費ですぐにお金が必要な時、そして大手金融機関での審査が通過できない・不安な場合は、キャッシング審査がゆるい、そして且つ貸金登録をきちんと受けている中小の金融機関がお勧めです。

 

⇒ キャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関