FXスキャルピングをお勧め出来ない人とはどの様な方か?

2019年6月13日

FXスキャルピングは少し特殊な手法なのです

 

FXスキャルピング手法は、その手法が特殊で有るという事からからお勧め出来る人がいれば逆にあまりお勧め出来ない人もいます。

 

これに関しては、何もスキャルピングだけに限った事では無くて、スイングトレード・デイトレード等、他のトレード手法にも当てはまってくることになりますが、それぞれのトレード手法にも適している人、そして適していない人がいるのです。

 

そこで、今回はFXスキャルピング手法をあまりお勧め出来ない人について説明したいと思います。この事を解っていませんと、たとえ短時間でトレードが完結出来るスキャルピングとはいえども、短時間で損失を出し続けてしまう可能性が有りますから注意する事が必要となります。

 

スキャルピングがお勧め出来ない人

 

〇 一瞬の素早い判断が苦手という方

 

これは、当然だと思いますがスキャルピング手法をお勧め出来るという方とは真逆の理由になります。スキャルピングは短時間で勝負しますので、効率良く脳を働かせて利益確定や損切りの判断を瞬時行わないと、瞬く間に損失が拡大してしまう可能性が高いのでゆっくり構えている時間は有りません。

 

そして、実際にエントリーポイントや決済ポイントが来たにも関わらずに、エントリーしたいけどもし負けたらどうしようとか決済ポイントだけどまだ上がる(下がる)かも知れないからもう少し決済しないで様子を見ておこうなどと、売買ポイントでの優柔不断な迷いはその後のトレード結果に悪い大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

なので、機械的に為替レートが決められた売買ポイントに来ましたら迷わずエントリーするという事が出来ない人には、スキャルピング手法はあまりお勧め出来ません。

 

〇 時間的にも性格的にも為替相場に対して集中する事が出来ない人

 

スキャルピング手法は、小刻みに動きます(又は大きく動く場合も)為替相場から為替差益を稼ぐのが目的の為、狙いを定めましてトレードをする必要が有りますから、短時間だとしてもかなり高い集中力が必要になるかと思われます。

 

この集中力は、エントリー中は勿論の事、エントリー前であってもある程度は集中していないとトレードするチャンスを逃してしまう可能性が有りますから、集中する時間が取れない方、又は集中するのがどうも性格的に苦手という人にはあまりお勧め出来ません。

 

〇 素早いパソコン操作(主にマウス操作)をする事が出来ない人

 

スキャルピングは短時間でトレードを何度も繰り返しますから、短時間で売買注文を行う度にパソコンを操作する事が必要になります。その為、パソコン操作に慣れていませんと変な箇所で注文してしまったり注文操作に遅れが出てしまったりして、損失を出してしまう恐れが有ります。

 

折角トレードするいいチャンスが来たにも関わらず、パソコン操作が苦手とか遅いせいでチャンスを逃してしまった、又は損失を出してしまったなんて事になったら悔やんでも悔やみきれませんよね。

 

逆にあまり為替の事が良く解らなくてもテクニカルだけで、パソコン操作が得意な方で集中出来れば、お勧め出来る(トータルで稼げる可能性が高い)方法です。

為替

Posted by guest