即日キャシングを利用利用するのは少しコツがあります

2019年7月30日

即日キャッシングと言うのは便利なシステムなのです

 

最近の消費者金融業界の事情は、グレーゾーン金利が廃止されたことにより多くの消費者金融が廃業や合併を余儀なくされていまして、以前と比べると消費者金融の数が激減しています。

 

その為、現在生き残っています消費者金融としては同業他社と比較して自社の強みを出す必要に迫られいますので1社が最短審査で30分を掲げますと他の消費者金融も最短での審査30分という様に追従してきて、大手消費者金融の審査時間は基本的に最短30分からとなっています。

 

更に、融資に掛かります時間も以前は1日~2日だったのが最近は最短即日融資が主流になっていますので、この流れというのは我々キャッシングを利用する者にとっては都合のいい事になっています。

 

即日融資にはコツが有ります

 

現状ではキャッシング審査は最短で30分、そして即日融資というのが常識になっていますが、即日融資には多少コツが必要になっているのです。

 

そして、キャッシングの審査結果は即日ですが融資に関しては申し込み当日が不可能な消費者金融も有りますから、即日融資を希望していらっしゃる方は融資の条件も考慮した上でキャッシングの審査に申し込む必要が有ります。

 

尚、もし即日融資を希望するという場合は、大手消費者金融であるアコム・アイフル・プロミス、更にはモビットを利用すると良いと思われます。

 

消費者金融によってになりますが、自動契約機からの申込の場合平日15時以降や土日祝祭日でも即日融資の可能性が有りますから、各社の融資条件を細かく調べておく必要が有ります。

 

即日融資を希望する場合は午前申込みを推奨します

 

大手消費者金融の場合ですと、どちらの会社を選択した場合でも審査するスピードは速いのですが、例外として夜間や土日の申し込みにをされた場合は、当然ですが勤務先への在籍確認が出来ないケースが多いです。

 

基本的に在籍確認が出来ませんと審査完了せずに融資実行までに至りませんから、夜間や土日の申込につきましては注意する事が必要です。

 

その為に、審査を申し込むのは平日の午前中に行うことでこれを回避出来ますし、遅くても数時間で審査の結果が解りますので、審査を通過した場合は自動契約機でキャッシングカードを発行して貰い、その日のうちに融資を受ける事が可能となります。

 

そして、在籍確認は基本的に土日でも必要となりますので、勤務先が休日で確認が取れないケースでは、給与明細とか健康保険証等、その勤務先に間違いなく勤務しているという事が解る書類が有りましたら在籍確認に代えてくれる金融機関も有ります。

 

近年ではネットでの申し込みが主流

 

キャッシングでの審査をネットからの申し込みを行う場合は、自動契約機でキャッシングカードを受け取りお金を引き出すか、或るいは銀行振込をして貰うという2通りの方法が有ります。

 

しかし、銀行振込の場合は申し込みをする時間が遅いと翌営業日の振込みになってしまい、また即日振込は各社条件が異なりますので、即日での振込を希望する場合は注意する事が必要です。

 

特にキャッシング審査を初めて申し込むという方は、審査から契約までの時間が掛かりますから締切り時間のおおよそ2時間前位に申し込む事をお勧め致します。

 

平日に即日融資を希望する方

 

サラリーマンの人は、平日は勤務先で勤務している可能性が高くなりますから、勤務中にキャッシングの審査へ申し込む事は難しいですよね。

 

なので、サラリーマンの方は、前日の夜にキャッシング審査に申し込んでおく事をお勧めしますし安心です。

 

それにより審査が午前中で終わる事が可能になりますから、審査に通過さえすれば休憩中又は退社後に融資を受けることが可能となります。

 

大手金融機関のキャッシング審査に不安が有る方は、キャッシング審査がゆるいこちらの金融機関も検討して下さい。

キャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関