消費者金融の審査の基準は?

2019年6月4日

消費者金融系キャッシングの審査基準

 

今現在、あなたがお金に困っていて、すぐにでも早くキャッシングを行いたいと例え思っていたとしても、キャッシングを行う為にはキャッシングの審査という、最大の壁が待ち構えているのです。

 

その為に、すぐにでもキャッシングでお金を借りたいと思うのであれば、まずはキャッシング審査に通過するだけの属性情報・信用情報が自分に備わっているのか?を知る事が重要になります。

 

ただ、そうは言いましてもキャッシング審査に通過する為の基準を理解していなければ、自分が備わっているのかどうかが解らないと思いますので、今回は特にお金に関しての審査基準について説明したいと思います。

 

消費者金融系キャッシングの審査基準について

 

それでは、消費者金融系でのキャッシングの審査基準はどの様な感じか、今回はお金に関するものに関して解説させて頂きます。

 

最初に断っておきますが、もしこれらの基準を全て上回っていた場合でも、先程も説明した通り審査に絶対とか必ずとかは有りませんから、必ずキャッシング審査に通過するとは限りません。その為、今回の解説は、あくまでも審査基準を参考にする事にして頂ければと思います。

 

年収

キャッシングの審査において、金融機関が一番重要視している事は何かと言えば、それは申し込みをされる方が今後キャッシング利用代金を毎月延滞する事無くしっかりと返済してくれるのか?を重要視しています。

 

その為の判断材料としては、申し込みをされる方の年収は一番現実味が有る属性と言えます。当然、他の属性も重要なものが多々有りますが、単純に年収が多ければ当然多いほど返済能力が高くなりますよね。

 

また総量規制での対象範囲も大きくなりますから、年収が少ないよりも当たり前ですが多い方がキャッシングの審査では有利になります。

 

そして、年収に関する審査基準は、これは過去の経験上ですが最低でも200万円以上必要であり、平均すると300万円以上は必要となります。確かに、これよりも低い年収で有っても他の属性が良好で有れば審査に通過する可能性も有りますが、総量規制を勘案すると最低でもこの位の年収は必要かと思われます。

 

更に言いますと、単年での年収が300万円以上だけでは無くて、複数年での年収の平均が300万円以上有るのが望ましいです。と言いますのも、例え単年で300万円以上の年収が有った場合でも、その翌年に年収が200万とかに下がってしまったら、毎月の支払いが困難になる可能性が高いからです。

 

その為、年収の審査基準は、最低でも200万円以上で出来る事なら300万円以上で有る事が望ましくて、またそれが平均した年収で有るという事が必要となります。

 

他社借入件数

他社での借入件数ですが、これは同業他社から借入していますキャッシングの総借入件数の事となります。そして、この借入件数が多くなってしまえばそれだけキャッシングの審査では不利になります。

 

これは、申し込みをされる方の信用力にも関わってしまう事なのですが、信用力の高い方というのは1社から多額のお金を借りる事が出来るのですが、信用力の低い方の場合は1社から数万円、良くてもは数十万円しか借りる事が出来ません。

 

という事は、1社から100万円を借りている方と、5社から合計して100万円借りている方と比べた場合では、前者の方が信用力が高いと判断されます。

 

その為、もしあなたが現在複数の金融機関から借入を行っている場合で有れば、なるべくまとめて借入の件数を少なくする事をお勧め致します。

 

尚、この他社での借入件数の目安としては、出来る事なら2件以内、多い場合でも3件以内であれば審査に通過する可能性が有りますが、もし4件以上となりますと余程審査難易度が低いキャッシング以外では審査に通過する事は難しいのではないでしょうか。

 

他社借入総額

この他社借入総額と言うのは、同業他社から借入している金額の総額の事です。そして、この他社借入総額はキャッシングの場合には法律によって明確な上限が有りまして、その上限は総量規制により必ず年収の1/3以下と定められています。

 

つまりは、もしあなたの年収が300万円の場合では、同業他社からの借入している総額が100万円以下でなければその時点で審査に通過する事ができません。

 

そして、年収300万で他社借入総額が95万円だった場合でも、規制枠ぎりぎりの為に審査に通過しない可能性が十分考えられしまいますから注意する事が必要となります。

 

尚、この総量規制は対象となる借入と除外・例外となる借入が有り銀行のカードローン等は対象外となっています。この年収の1/3と言うのはあくまでも総量規制の対象となっている他社での借入の総額です。

 

 

キャッシング審査に落ちてしまった、又は大手金融機関のキャッシング審査に不安が有るという方は、審査機銃が甘い金融機関を考えられてはいかかでしょうか?

⇒ キャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関