消費者金融のキャッシングと銀行ローンを比較した時の違いは?

2019年5月25日

消費者金融キャッシングと銀行カードローンでは違うものになります

 

急に出費が出てしまいお金がないとか、給料日迄はまだ日にちが有るけど計算したら少しお金が足りなくなるからお金を借りたいと思う時には、消費者金融が行うキャッシングや銀行が行うカードローンは役に立ちます。

 

と言いますのも、以前と比較すると最近の消費者金融でのキャッシングや銀行カードローンと言うのは、提携ATMが増えた事やネットからの申し込みの普及などにより、とても気軽にそして素早くお金を借りる事が容易になっているからです。

 

現在では大手消費者金融の審査は最短30分は当たり前になり、更には即日融資可能で有るキャッシングも増えてきていますから、もし急な出費が有ったという場合には素早くお金を借りるという事が出来ます。

 

キャッシングやカードローンを利用される為には、金融会社があらかじめ定めています審査に通過するという事が必要なのですが、審査に通過さえすれば利用限度額の範囲内であればいつでもそして気軽に素早く現金を引き出すという事が可能になります。

 

しかし、キャッシングやカードローンを利用する時には当たり前の事となるのですが、必ず利用計画を前もって立ててからこれらの金融商品を利用される事をお勧めします。

 

確かにいつでも気軽に現金を引き出すことが可能ですがだからと言って、利用計画をしないでどんどん借入ばかりしていましたらあっという間に返済が不能な状態に陥ってしまう可能性が高くなります。

 

キャッシング・カードローンの選択

 

ここからは本記事の本題となるのですが、消費者金融で行われるキャッシングや銀行のカードローンでは、それぞれに審査基準が有りますから、申し込む方によってキャッシングの方が良い、またはカードローンの方が良いというケースが有るのです。

 

〇 消費者金融のキャッシングが良い方は?

 

1、年収200万円未満
2、パートやアルバイト、自営業
3、勤続年数1年未満

以上の条件に当てはまる方の場合は、いきなり銀行カードローン審査に申し込んだとしても通過しない可能性が高くなりますので、まずは消費者金融のキャッシングに申し込む事をされる事をお勧めします。

 

〇 銀行カードローンが良い方は?

 

1、年収200万円以上
2、正社員
3、勤続年数1年以上

 

以上の方は、まず最初に銀行のカードローン審査に申し込まれた方がが良いのではないかと思われます。その理由は、消費者金融のキャッシングと比較しますと銀行カードローンの方が一般的に金利が低く設定されており利用限度額も高いからとなります。

 

カードローンの審査に通過する可能性が有るにも関わらず、最初からカードローンより金利が高く利用限度額が低いキャッシング審査に申し込むよりかは最初からカードローンの審査に申し込んだ方が良いと思われます。

 

また、現在の借入総額が年収の1/3を超えている方は例え消費者金融のキャッシングに申し込んだとしても、総量規制により審査に落ちるという事になりますから銀行のカードローンしか選択肢はないのです。

 

尚、消費者金融のキャッシングでも銀行のカードローンでもどちらに申し込む場合で有っても、あらかじめしっかりとした利用計画を立ててから申し込みする様にして下さい。

 

もし行き当たりばったりに利用されると、みるみるうちに債務が膨らんでしまう事になりかねず、結果として債務不履行になってしまう可能性が高くなりますので注意する事が必要となります。

 

大手金融機関の審査に落ちた、又は大手金融機関の審査に不安が有るという場合は審査の甘い金融機関で

⇒ キャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関