キャッシングを家族にバレないで利用するには?

2019年5月9日

キャッシングは家族にバレるの嫌ですよね

 

世の中の人のイメージでは、キャッシングとは消費者金融からお金を借りる事になりますので、出来る事ならキャッシングをする時は誰にも知られずに利用したいと思う人が多いと思います。

 

特に、身近な存在である家族等にキャッシングを利用している事実が知れてしまうと、たとえ身内だとはいえ追及されてしまうのではないかと思われます。

 

それは、家族や親族からすれば、キャッシングを利用しているという事は、毎月のお金に困っているという事になるので、果たしてどれ位の借金が有るのか?現在の借金残高はどれ位?等について気になるからです。

 

まして、以前の私もそうだったのですが、お金の問題というのは家族だろうが友人だろうが知られたくないので、キャッシングをしている事実は出来る事ならば誰にも知られたくないと思う人が殆どだと思います。

 

その為に、キャッシングをする場合は、決して家族や友人にバレない様にする必要が有るので、今回は家族にバレない様にキャッシングを利用するには?について説明したいと思います。

 

家族にバレずにキャッシングを利用する

 

それでは、家族には絶対にバレたくはないと思われるキャッシングについて、家族にバレない様に利用する方法を説明させて頂きます。お金の問題はデリケートなので例え家族でも知られたくないものです。

 

〇 自宅電話に対応する

最近では携帯電話が普及していますので、消費者金融系のキャッシング審査の本人確認電話では、いきなり自宅の電話に連絡が来るいう訳では無くて、申し込みをされた方本人の携帯電話に連絡が来る事が殆どとなります。

 

そして、携帯電話の場合は、まず余程の事が無い限りは携帯電話の所有者である本人が出る可能性が高いので、金融機関側としても自宅電話→留守→携帯電話みたいな本人確認での二度手間を防ぐ目的も有ります。

 

但し、審査をする際に申し込みをされた方本人の携帯電話に連絡をしても繋がらない場合は、基本的に自宅の電話に連絡をする事になってしまいます。申込者本人が留守の時に自宅の電話に〇〇金融ですが〇〇さんいらっしゃいますか?なんて電話が掛かってきましたらやはり困りますよね?

 

しかし、そこは安心されても大丈夫です。何故なら消費者金融からの電話ではいきなりその金融名を名乗る事は有りません。もしそんな事をして申し込みをされた方の家族に消費者金融から電話が有ったと知れてしまうと申込者が困ってしまう事は当然理解しています。

 

なので、消費者金融は自宅の電話に連絡をする場合は、担当者の個人名で連絡をして、電話に出ている人が申し込みをされた本人だと分かった時に初めて消費者金融名を名乗ります。

 

この様にすれば、自宅の電話への連絡で例え家族が出た場合でも、電話の相手が消費者金融だと解りません。

 

でも、中にはさっきの電話は誰でどの様な要件だったの?と聞いてくる家族がいる可能性が有りますので、その様な時は仕事の電話だとか、遊びの電話等と言い消費者金融会社からの電話では無いという事をアピールされるといいです。

 

尚、銀行からも自宅の電話に連絡がある場合も有りますが、銀行はその銀行名を名乗るケースが多いのですが、銀行から電話が有ったとしても銀行はカードローン以外でも住宅ローン・オートローン等他の金融商品が有るのです。

 

という事は、銀行からの電話があったからと言って即カードローンの電話だとは関連付けられないので、それほど気にされる事はないかと思われます。それでも気になるという場合は、例えばオートローンの案内・貯蓄預金の案内等と話せば特に問題ないと思われます。

 

〇 郵便物に対応する

基本的に、消費者金融から送られてくる郵便物というのは、キャッシング審査にを通過した後に来ますキャッシングカード・利用規約等の契約関係の書類や利用明細です。そして、銀行からは上記のカード・書類以外にも各種金融商品のダイレクトメール等も送られる事が有ります。

 

ただし、消費者金融からの郵便物の場合は、表向きは消費者金融からの郵便物だという事がバレない様になっていますから、家族がそれを開封しなければ消費者金融からだとは解りません。

 

因みにですが、銀行からの郵便物の場合は普通に銀行名が記載されますが、先程記載した通りに金融商品の案内DMも同時に送られますから、家族に開封されなければ特に問題はないと思います。

 

つまりは、消費者金融・銀行からの郵便物共に家族に開封されてしまい中身を見られては困りますので、絶対に家族に開封されない様にして下さい。

 

〇 通帳やカードの管理は厳重に行って下さい

 

クレジットカードに付随されているキャッシングでの利用代金は、通帳記入をした時にはクレジットカードでのショッピング利用代金と合算されカード会社名と引き落とし金額という様に記載していますから、これによりキャッシングを利用しましたという事は解りません。

 

しかし、当然ですが消費者金融でキャッシングをする場合は、ショッピングの枠がありませんから、通帳記入をする際には金融機関名と引き落とし金額が記載されますので、キャッシングを利用しているとバレてしまいます。

 

その為に、キャッシングの引き落としに使用しています銀行の通帳管理は厳重に行い、また通帳記入をして発覚する事を防止するには自社又は提携ATMで返済する事が有効です。

 

そして、クレジットカードのキャッシングの場合は、カードデザインによりバレるという事はないのですが、消費者金融系でのキャッシングは、デザインでバレてしまう可能性が有りますので、家族に見られない様に厳重に管理する様にする必要が有るかと思います。

 

〇 延滞しないようにする

キャッシングの支払いを延滞してしまった時には、その後に新たな借入が出来なくなってしまう可能性が高くなりますが、それと共に金融機関からの督促されてしまいます。

 

そして、この督促は、本人の携帯電話から始まって、それでも返済が滞るとその後自宅への電話、更に延滞が続くと自宅へ内容証明郵便が送られてきます。

 

金融機関は、顧客が長らく延滞し続けた場合は何時迄に支払うのかを確認する為に、本人と連絡が取れるまで複数回電話を掛けてくるのですが、もし1日に同じ相手から3回とか6回も電話が来れば家族の方もおかしいなと不審に思う可能性が高くなると思いますよね?

 

なので、キャッシングの支払いは延滞しない事が大切なのですが、万が一延滞してしまった場合は出来るだけ早めに金融機関へ連絡する様にして下さい。もしこの連絡が遅れてしまえば遅れてしまうほどに事態は悪い方向へ進んでしまうという事を理解して下さい。

 

大手金融機関のキャッシング審査に落ちてしまった、又は審査に不安が有る方はこちらをご利用下さい。

⇒ キャッシング審査がゆるい(甘い)金融機関